iPhoneX 機能

iPhoneXの機能、「Face ID」の新情報公開!

iPhoneXの機能Face ID(顔認証システム)について、
新たな情報が公開されましたので、ご紹介します。

 

iPhoneX

 

全く新しい機能だけに、謎に包まれた部分も大きかったFace IDですが、
その全貌の一部が、Appleの公開文書により明からにされました。

 

 

iPhoneXApple Pay決済は、サイドボタンをダブルクリック

 

 

アップルのFace IDセキュリティ白書によると、Face ID でApple Pay決済をする際は、
支払金額などを確認したのち、サイドボタンをダブルクリックしてFace IDを起動。
顔認証するとタッチで決済できるようになります。

 

Face IDの顔認証システムは指紋よりも簡単に認証できるために、
確認プロセスとして指紋認証が必要だったApple Payなどでは、本人の意思に基づいて顔認証したのか、ただ端末を持って画面を覗いていただけなのかを区別する必要があります。

 

たとえばアプリやストアで直ぐに顔認証されてしまいますと、
画面上の金額を読んだ時点で勝手に決済されてしまうことになりかねません。

 

上記の様な意図していない決済を防ぐため、Apple PayでFace ID認証を使う場合は、
支払金額などを確認したのち、サイドボタンをダブルクリックして支払いの意思を伝えてから、Face IDを起動する流れになっています。

 

ダブルクリックして画面を見て認証できた時点で、Apple Pay端末にタッチすると決済が完了します。

 

App StoreなどでFace IDを使う場合も、まずサイドボタンのダブルクリックで確認、そこからFace ID認証の流れになります。
「画面をなんとなく見ていたら勝手に決済されてしまった。」という事にはならない仕組みです。

 

スマホ上での決済はとても不安な事なので、このセキュリティの強さは心強いですね!

 

 

iPhoneXFace IDその他の特徴

 

 

〇他人を誤って本人と認証する確率は100万分の1。指紋では5万分の1。
ただし、双子や似ている兄弟姉妹がいる場合はもっと確率が上がるため、
不安な場合はパスコードの利用を推奨。

 

〇顔の三次元データに基づくモデルは暗号化され、iCloudなどにもバックアップできない。
(アップルのFace ID診断に同意した場合のみ、要確認で外部送信される。)

 

〇顔が大きく変わった場合は、パスコード認証してもう一度顔を覚えさせる必要がある。

 

〇メイクやサングラス、髪型の変更、加齢や傷や体重増減などで変化があっても原則として認識可能。

 

〇Face IDはサードパーティーのアプリでも使える。
しかしアプリは顔データにはアクセスできない。
OSに認証を頼んで、成否だけが伝えられる。

 

〇Touch ID対応アプリはFace ID対応にもなる。

 

〇パスコードが要求される場合は以下の4つの場合

  • 端末の再起動後
  • 48時間以上ロック状態だった場合
  • 過去6日半パスコードアンロックをせず、過去4時間Face IDアンロックもしない場合
  • 5回連続で認証に失敗した場合

 

〇Touch IDと同様、どの部分にFace IDを使うか、パスコードを使うかは選択できる。

 

〇最適なカメラ距離・角度は手に持って顔から25〜30cm離した場合。

 

〇テーブルに置いたままでも認証できる。
しかし前面カメラで顔が映る角度の必要がある。

 

〇深度情報により写真はもちろんマスクなどを使った不正も防止する。

 

〇素早くFace IDを無効化したい場合、サイドボタンと音量ボタンどちらかを2秒間の長押しする。
ロックと同時に「電源オフ」 / 「緊急SOS」のスライドスイッチが表示され、キャンセルしてもパスコード入力が求められる。

 

 

iPhoneXまとめ

 

 

いかがでしたか?

 

新機能のFace ID。

 

決済の問題など、かなり考えられてセキュリティ設計されていますね。
今後、Face IDの顔認証を使用するシ―ンが増えてきそうですね。

 

 

すでにiPhoneXの購入を決められている方は
時間も場所も選ばず、スマホからでも完結出来る、
ソフトバンクオンラインショップからの予約・購入が簡単でおススメです。

 

 

 

iPhoneX